トップページ > 

プラセンタの効果

プラセンタの効果

プラセンタは下記のような栄養素が豊富に含まれており、様々な効果が期待できます。

特に、生理活性作用の強い各種の成長因子が存在することが分かっており、その作用は美容や医療の方面でも大きな注目を集めています。胎盤には、三大栄養素であるタンパク質や脂質、糖質はもちろんのこと、各種アミノ酸、ビタミン、ミネラル等の栄養成分のほかにも、胎盤特有の神秘的な働きを担うグロースファクター(細胞増殖因子、成長因子)が含まれています。このグロースファクターは、"細胞分裂活性化因子"のようなもので、細胞に働きかけることで細胞分裂を促します。その結果、新陳代謝が盛んになり、古い細胞が新しい細胞に置き換わり、それに伴い全身の細胞が活性化します。その結果、栄養を吸収したり、血管を強くする、神経を正常にする、ホルモンバランスを改善する、免疫機能を改善する、などが期待でき、健康を作り、守っていくと考えられています。また、炎症を押さえたり、壊れた組織の修復を促進し、毛細血管の血液循環をよくする働きもあります。

アミノ酸 ロイシン・リジン・バリン・スレオニン・イソロイシン・グリシン・アラニン・アルギニンなど
活性ペプチド 薬理活性の中心である活性ペプチド
タンパク質 アルブミン・グロブリンなど
脂質・脂肪酸 コレステロール・ホスファチジン酸・ラウリン酸・パルミチン酸など
糖質 グルコース・ガラクトース・ショ糖など
ムコ多糖体 ヒアルロン酸・コンドロイチン硫酸など
ビタミン ビタミンB1・B2・B6・B12・C・D・E・ナイアシンなど
ミネラル カルシウム・ナトリウム・カリウム・リン・マグネシウム・亜鉛・鉄など
核酸 DNA・RNAなど
酵素 アルカリホスファターゼ・酸性ホスファターゼなど100種類近く
成長因子(グロースファクター) HGF・NGF・EGF・FGF・CSF・IGF

プラセンタは医療現場でも用いられており、その効果は多岐に渡ります。

プラセンタの薬理作用

  • 自律神経を調整する。

    ホルモンを調整する。

    病気に対する免疫力を高める。

    基礎代謝を盛んにし、細胞や器官・
    臓器の働きを活性化させる。

    活性酸素を除去し、酸化を防ぐ。

    炎症を抑える。

    壊れた組織の修復を促進する。

    精神を安定させる。

  • 妊婦の乳汁分泌を促す。

    アレルギーを抑える。

    体質の改善を促す。

    血液循環を良くする。

    疲労の回復を促す。

    肌のメラニン生成を抑える。

    肝臓の働きを強化する。

「マカ・プラセンタ」はこんな方におすすめです。

ページの先頭へ戻る

Copyright © 2016 Care&Beauty All rights reserved